屋根葺き替えとカバー工法について

屋根リフォームには様々な方法がございます

屋根リフォームでよく使われる工法として「屋根葺き替え」と「カバー工法」の二種類の工法があるのをご存知でしょうか。
ここでは、それら二つの工法のメリットなどについて、解説いたします。

屋根葺き替え工法とは

葺き替え工法は、「既存の屋根を全て取り外し、下地から真新しい屋根材に取り替える」工法の事を言います。
瓦屋根の住宅にお住まいの方や、屋根の耐久性を重視される場合は、屋根葺き替え工法をお勧めします。

屋根葺き替え工法のメリット

  • 屋根材を全て新しくし、家の寿命を延ばす事ができます。
  • 軽い屋根材に替える事で、耐震性もアップ。
  • 下地の防水シートも新調するため、防水性能も上昇します。

屋根葺き替え工法のデメリット

  • 下地からの工事になるので、費用が高くなります。
  • 工事期間が1週間以上かかる場合があります。

カバー工法とは

カバー工法とは「既存の屋根材の上に、新しい屋根材を敷き直す」工法の事を言います。
屋根葺き替えに比べてコストが低く、工事期間が短いのが特徴です。

カバー工法のメリット

  • 解体工事が減る分、費用を削減できます。
  • 屋根を二重にするので、遮音性や断熱性が向上します。
  • 葺き替え工法に比べ、工事期間が短いです。

カバー工法のデメリット

  • 既存の下地の劣化が激しい場合は、補修ができない場合があります。
  • 既存の屋根に問題があると施工できない場合があります。
  • 瓦屋根の場合は、カバー工法ができません。

西盛瓦商店では、お客様のご予算や屋根の状態に合わせて、適切な価格で工事をご提供しております。
金額面で不安な方や、リフォームが初めての方でも分かりやすい、便利な価格表をご用意いたしましたのでこちらも是非ご覧くださいませ。

屋根リフォームのお悩み、ご相談は
西盛瓦商店にお任せください!

西盛瓦商店の掲示板

内装水回りサイトはこちら