おすすめの雪対策 ゆきもちくん

危険・トラブルに備えた雪対策が必要です。
西盛瓦商店では、雪による近隣トラブルを防ぐために、雪対策を行っております。

トラブル
■屋根の雪がお隣の敷地に落ちて歩けなくなる!
■硝子や窓や外壁を破損させてしまう!
■車の上に落ちて、凹ませてしまう!
危険
■雪が緩むと、雪崩のように落ちて危険!
■道路に落ちて、通行人が危険!
■太陽光パネルを滑って雪が飛び、危険!
お問い合わせはこちら

ゆきもちくんをおススメする3つの特徴

どんな屋根にも取り付け可能、80年以上の耐用年数を誇る落雪防止装置の決定版。
ゆきもちくんは屋根材と積雪の間に金網を取り付けることにより摩擦を造り、強固に落雪を防止します。

特徴1  落石を防ぎ、つららもできにくい。

網目パワーの底力で落雪を防ぐ
雪止めがない場合、屋根の上に積もった雪は、溶けた水分が凍結部を溶かし潤滑剤となり、屋根の勾配にそって摩擦抵抗の少ない屋根の上を雪は滑り落ちていきます。

「ゆきもちくん」をつけると、雪が「ゆきもちくん」に食い込み土台となるベースを作り、「ゆきもちくん」が摩擦抵抗となって上にふり積もった雪が滑り落ちるのを防ぎます。

また、雪が網の中に入り込み、下に溜まった水分だけが屋根の勾配にそって流れ落ちていきます。ツララの原因となる雪どけ水が雨樋に入るため、ツララもできにくくなるのです。

特徴2  全ての屋根に対応。

豊富なカラーバリエーションで、まだ田主外観を損なわない。
「日本瓦・洋瓦・カラーベスト・鋼板屋根」等凸凹のある屋根材にも特殊部品を用いて屋根のいかなる部分においても設置可能です。

特徴3  丈夫で長持ち。

最高80年の耐用年数。
大気暴露試験結果から計算した数値が証明しています。 最高80年の耐用年数です。

さらに、特殊部品により腐食などによる屋根材へのダメージも心配いりません。
ステンレス線のような光の反射をなくし、しかも防錆性を維持する強力な亜鉛メッキ線に、自動車塗布にまけない焼付塗装を施した完璧な線材です。

ご注意ください!

ゆきもちくんの取り付けを正確に行わないと、
思わぬ事故・トラブルにつながります!

特に、金沢は住宅密集地帯なので、万が一落雪が起きた場合に隣人トラブルになりやすいのです。 雪のトラブルで壊れてしまった車などは事故車扱いになり修理しても車単価が落ちるなど、その後の関係にも大きく響くので、雪のトラブルには特に注意が必要です。

西盛瓦商店 の雪対策はココが違う!

確実性安全性を第一に足場を掛けて施工を行います!

ゆきもちくんは落雪を防ぎ、つららもできにくいおすすめの雪対策です。しかし、商品の性能が優れていてもしっかりと正確な取り付けを行わなければ本来の機能は発揮しません。
西盛瓦商店では、2メートル以上の施工になる時は必ず足場を組み立て取り付けを行います。施工の確実性と安全性を第一に考えるからです。

足場を組み立てずにゆきもちくんの設置を行うと、雨樋の上の専用の留め具部分は、屋根の上から職人が身を乗り出して設置することになるので大変危険な作業になります。
また、直接見ることができないので、どうしても不安定な設置になり、ゆきもちくんはゆるくなります。ゆるいままで雪が積もると、専用の留め具が」ゆるみ、ゆきもちくんが外れて落雪の危険性が出てきます。
そのような事態にならないためにも、職人の安全とゆきもちくん設置の確実性を一番に金沢屋根瓦レスキュー隊は2メートル以上の施工になるときは必ず足場を組み立て取り付けを行います。
安心してお任せください!

▼足場を掛けて設置した場合

▼足場を掛けずに設置した場合

お問い合わせはこちら

西盛瓦商店の掲示板

内装水回りサイトはこちら