白山市 T様邸 屋根修理施工事例

  白山市 T様邸 屋根修理施工事例

施工事例データ

施工前はこちら
有限会社西盛瓦商店による施工中の様子
施工が完了しました

リフォームされたお客様の声

平成30年豪雪で納屋屋根の棟が崩れました。娘に話したところ、娘の家の屋根工事をした西盛さんに電話してくれました。
現調に来られた西盛さんに、大屋根は棟積み直しですが、下屋根は陶器瓦ではなく、瓦の形をしたスレート瓦で、代わりの瓦が手に入らないと言われました。
瓦の入れ替えが出来ないので、板金、粘着シート、コーキングをして雨が入らないように補修するとの事でした。
仕上がりを見て、きちんと修理してあり、安心しました。
今回の事で、屋根は、陶器瓦が一番だと思いました。

リフォーム担当者の声

以前、屋根工事をさせて頂いたT様から、実家の屋根の事でお電話を頂きました。
大屋根は棟の積み替えでよかったのですが、下屋根は緩勾配の為か、瓦の形をしたスレート瓦が葺いてありました。以前訪問販売の会社が扱っていました。
陶器瓦は割れた瓦を差し替えれば大丈夫ですが、今回のスレート瓦は、何件か問い合わせては見たのですが、某訪問販売会社でのオリジナルだったので、手に入りませんでした。
今回は、板金・コーキング・粘着シートを使って、補修させていただきました。

緩勾配の屋根は漏りやすいため、訪問販売の言葉に惑わされて工事をしてしまう人が多いです。雨が漏ったら、是非信頼のおける瓦店に相談することをお勧めします。

※緩勾配の屋根には、スレート瓦、板金が多く使われています。
しかし、最近は各瓦メーカーから緩勾配の瓦が出てきています。
スレート瓦・板金は10~15年で塗り替えが必要ですが、陶器瓦は必要がないため、経済的です。

 

西盛瓦商店の掲示板

内装水回りサイトはこちら