2019年6月

新築の時から雨漏りしていたの?

新築の時から雨漏りしていたの? 金沢市G様

金沢市G様
新築の際は、大手のハウスメーカーで建てました。こちらの思いとしては、シンプルな形を望んでいたのですが、営業の方に押される形で複雑な家の形になってしまいました。 そして建ててから、5年もしないうちに「ポツポツ」と雨音が聞こえるようになりました。どうも雨が雨樋に入らずに直接地面に落ちているようでした。

西盛瓦商店
雨が直接地面に落ちているという事でG様よりお問い合わせを頂きました。水を実際に掛けて検査をしました。 すると驚く事に、谷板の水が水切りの板金の下に入り軒先の木材から滴るように水が落ちていました。 コーキングの跡があります。
屋根材を捲ってみないと、原因がわからない場合があります。 屋根材を捲ってみると・・・ 予想以上に下地の木材が腐っていました。 これは最近水が入ったというより、以前からずっと水が入っていたと考えられます。
このまま放置すると木材が水を吸って、軒先部分だけではなく、平部の下地も腐ってしまいます。 金沢市G様
予想以上にひどい状況になっており驚きました。
様子がおかしいなと思っていましたがここまで・・・ ハウスメーカーの方にも思いを伝えましたが「この屋根の形だと、雨漏りがしやすいんですよね、他の方も雨漏りしている事例もあります」と言われました。
最初から複雑な形は嫌だと主張してきたんです。
また他の方も雨漏りしているって、本当に信じられません。 雨漏りの被害があるならもっと早くに対策なりしてほしかったです。

西盛瓦商店
家のデザインは好みですので、デザインに関しては何もいえませんが
屋根の形が複雑ですと、やはり雨漏りしやすいといえます。
またメンテナンスの手間も増えてしまいます。
屋根は普段見えないところなので、皆さんどうしても見落としがちです。
しかし屋根は年中雨風から家を守っています。
雨漏りしてしまうとあっという間に家は傷んでしまいます。
屋根の事は専門業者にお任せください。


金沢市G様の施工事例はこちら→

雨漏りで腐食した下見板がきれいになりました

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

雨漏りで、下見板が腐っています

下見板を新しくしました

新しい下見板のおかげで、納屋がきれいになりました

施工事例はコチラ

下見板の修繕、誰に相談すれば良いか悩む方が増えています

以前は、家を建ててもらった大工さんに、メンテナンスを頼んでいましたが、大工さんが高齢化により廃業したり、亡くなった等、気軽に頼むところがなくなったという声を聴きます。
つい最近も、工事の際に下見板がところどころ傷んでいた為、お客様から相談され、下見板を取り替えました。

下見板の劣化が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

雨漏りで流れた土壁を直しました

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

屋根に穴が開いて雨漏りして土壁が流れています

屋根を直して、土壁を塗りました

見違えるようにきれいになりました。

土壁の剥がれが気になるけど、どこに言えばいいのかわからない

以前は大工さんや工務店に言えば直してくれましたが、高齢化により頼めなくなったり、廃業したりと信頼できる大工さんがいなくなったとよく聞きます。
せっかく屋根を直しても壁から水が入ったら建物も劣化していきます。

土壁の剥がれが、気になる方は、お気軽にご相談ください。

有限会社西盛瓦商店について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

西盛瓦商店の掲示板

内装水回りサイトはこちら